たかはし眼科

愛知県日進市蟹甲町池下279-2
Tel:0561-73-0055

愛知県日進市にあります「たかはし眼科」より眼の病気についてご説明します。

網膜中心静脈閉塞症

>Home >眼の病気について >網膜中心静脈閉塞症

網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)

網膜(カメラに例えるとフィルムにあたる部分)の静脈がつまって出血をおこす病気です。

症状

目の前に黒い(赤い)点が多数見えたり、視野が狭くなったりします。
視野の中に暗点(見えない部分)が出現し、視力が低下する事もあります。通常片目におこり、痛みは伴いません。

原因

動脈と静脈の交差する部分で硬い動脈(動脈硬化)が静脈を圧迫して出血をひきおこします。
動脈硬化の原因は、高血圧、糖尿病、高脂血症、加齢などがあります。

治療

網膜の中心に慢性の浮腫(むくみ)を認める場合や、蛍光眼底造影検査(造影剤を点滴で流し、眼底の状態を写真撮影してみる検査)で血液が流れていない場所があり、新しい血管が形成され始めている場合はレーザー治療をします。
止血剤や網膜循環改善剤などの内服薬を使うこともあります。

眼の症状と病名一覧に戻る

このページの先頭へ