たかはし眼科

愛知県日進市蟹甲町池下279-2
Tel:0561-73-0055

愛知県日進市にあります「たかはし眼科」より眼の病気についてご説明します。

翼状片

>Home >眼の病気について >翼状片

翼状片(よくじょうへん)

角膜の周囲にある結膜からピンク色をした組織が、角膜(黒目)の中に進入してくる病気の事です。
血管を伴った結膜組織が進入してきます。
原因は不明ですが紫外線やアレルギーで悪化すると言われています。
角膜の際の鼻側に起こることが多い傾向にありますがまれに耳側に生じることもあります。
多くの例で両眼に生じますが進行は非常にゆっくりです。

症状

角膜(黒目)の内側に白い膜が張って、そこが充血します。
通常痛みはありません。

治療

初期では治療を必要としませんが、角膜の内側に侵入してきて視力に障害を起こす前に手術的に除去します。
手術は局所麻酔で行い日帰り手術で出来ます。再発率の高い病気です。

眼の症状と病名一覧に戻る

このページの先頭へ